その他ゴリラの共感力について

ココ以外のゴリラが見せた共感能力といえば、動物園のゴリラの柵内に落下した男の子を助けたビンティが有名です。気を失った男の子を抱きかかえ、他のゴリラたちを追い払い、動物園の職員がやってくるまで守り続けたメスのゴリラです。

これについては、ブログ「優しい唄歌い」「人間の男の子を助けたゴリラ」という記事に動画とともに詳しく書かれていました。ぜひご覧になってください。

また、そもそも共感能力とは何か。何の役に立っているのか。ゴリラを含む類人猿の共感能力が、なぜ発達したのか。そして、他の類人猿と人間の共感能力はどう違うのかについては、京都大学大学院理学研究科科長 山極 寿一氏の講演の記録が詳しいです。

ゴリラの研究者である先生が、長年のゴリラの観察と研究から、共感能力を通して人間社会の家族のあり方まで語っています。非常に面白いページなのですが、長いので読むのが大変かもしれません。

ブログ「GrasspandaのWeb日記」の著者がこの講演を聞かれたようで、「家族進化論 - ゴリラから見える家族とは?」という記事に、短いながらも非常に分かりやすくまとめられていました。こちらを読まれてもいいかもしれません。


タグ:ゴリラ 共感
カテゴリ: ゴリラの共感力
この記事へのコメント
まだコメントはありません。
コメントを書く
お名前:

コメント:

ご案内
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。