ココの嘘つき!

スタンフォード大学の神経内分泌学博士ロバート・サポルスキーは若い頃、同じキャンパスでパターソン博士が自転車に乗せて移動するココを見ていたそうです。サポルスキー博士自身もチンパンジーの言語習得の研究に携わったそうですが、ココを含めた類人猿の言語習得の可能性については、非常に否定的な人です。

非常にユーモラスな方でもあり、パターソン博士が報告したというココの嘘について、こう語りました。
…それで、ココは部屋に一人で残されて、そこには鉢植えの植物があったんだ。で、そばに誰もいないし、ココはゴリラとしてすることと言えば、周りを見回して誰もいない…だから鉢植えの葉っぱを食べちゃった。

それで、しばらくしてパターソンが入ってきて「あら!何があったの!?」って手話で「鉢植えに何があったの?葉っぱはどこ?」って言った。現行犯で捕まっちゃったみたいなココだけど、ココは言うんだ。

「ビルが 食べた」

ビル…プロジェクトのかわいそうな運の悪い大学院生…そうだ、大学院生を責めろ!それで、パターソンは言った。「そんなこと言わないで!ビルはゴリラじゃないわ!人間は葉っぱを食べないの。ゴリラだけが葉っぱを食べるの!」

ココはその辺をじっと見て言ったんだ。

「誰か 他の ゴリラが」

…誰か他のゴリラ?

言語学の授業のようですが、ずっとこんな調子で笑い声の絶えない教室でした。そして、とにかくその場を言い逃れようとして子供っぽい言い訳をしているココが微笑ましいので、好きなエピソードのひとつです。

タグ: ココ ゴリラ
カテゴリ: ゴリラは嘘つき
この記事へのコメント
まだコメントはありません。
コメントを書く
お名前:

コメント:

ご案内
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。