ゴリラが語る「神」とは

海外版のYahoo!知恵袋にこんな質問が載っていました。「ゴリラのココがイエス・キリストを受け入れたら、彼女は救われるの?」(If Koko the gorilla accepted Jesus would she then be saved? )

確かに言葉を理解するココに福音を伝え、信仰を告白したら、洗礼を授けることを拒む理由は無さそうなのですが、キリスト教関係者の見解を聞いてみたいものです。ゴリラはダメって言うでしょうけど。

当のココはそんな知恵袋民の疑問をよそに、独自の宗教観を持っているようです。

「ココは神について何らかの考えを持っているわ」とパターソンは私に語った。この心理学者はすごく嬉しそうだった。「私たちの会話はこうだったの」と彼女は言った。

パターソン: 神は誰?
ココ: 私 (Me.)
パターソン: 誰が世界を創造したの?
ココ: 別の 女 (Another woman.)

GORILLA JOURNAL VOL.24 NO.1によると、実際は “Another lip.” だったようです。おなじみの、ココが女性を指す手話です。

人間が「私が神だ」と言うとかなり危ない感じがしますが、ゴリラが言うと許されるどころか何か感慨深いものがあります。神という概念を理解していないだけとも考えられますが、あえて深読みしてみると、ココは世界は自分を通して見ているから存在している、と考えているのかもしれません。

自分がいなければ他人にとってはどうあれ、世界が存在しているかどうか知る由もないわけですから。自分が在るから世界も在る。その意味で世界を創造したのは、自分を産んだ別の女性という回答なのかもしれません。みなさんはどう思いますか?

ちなみに、さきのYahoo!知恵袋の回答ですが、関係のない回答や質問の感想だらけでした。ベストアンサーは「ゴリラでも死について理解できるのに、ここのYahoo民ができないのはどういうわけだ?」と、これまた何かピントの外れた回答。Yahoo!知恵袋は洋の東西を問わず同じようなものなんだなと、別の意味で感心しました。
カテゴリ: ゴリラの死生観
この記事へのコメント
まだコメントはありません。
コメントを書く
お名前:

コメント:

ご案内
最近の記事
最近のコメント
ンドゥメ - 現在のココの旦那 by TimothyHavob (09/19)
ゴリラのココと子猫のボール by ななしのゴリラ (09/18)
ボールの死を悲しみ続けるココ by ななしのゴリラ (08/21)
ンドゥメ - 現在のココの旦那 by ИИМS‰ (07/23)
ンドゥメ - 現在のココの旦那 by ИИМS‰ (07/22)
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。