「馬鹿な 悪魔」 - 2回目のAOLチャット

「質問に答えられないだけで言葉を話せないとは言えない」知恵袋をディスりつつ、負け惜しみのような結論を出してAOLチャットのシリーズ記事を無理やり終わらせましたが、公式のGorilla Journalによると上手く答えられなかったことについては「ココはいつでも質問に答えられる気分でいるわけではなくて、彼女はすぐに事件に気を取られてしまう」とのことです。子供みたいなものですね!

そして、2000年11月29日に行われた2回目のAOLチャットでは、始まるにあたってこんな会話があったそうです。

Koko_signs_stupid_devil.jpg
©2000 The Gorilla Foundation/Koko.org, Gorilla Journal of The Gorilla Foundation Winter 200-2001 Volume 23, No.1, When Penny told Koko, "They are going to ask us some questions. Is that OK?" Koko emphatically replied, "Stupid devil."

パターソン博士: 彼らが私たちにいくつか質問をするわよ。いいかしら?
ココ: 馬鹿な 悪魔 (Stupid devil.)

前回「このゴリラ話せないだろ」とボロクソ言われたことにお怒りなのか、それとも人間のくせにゴリラにものをたずねようという人々にあきれているのか、単に質問攻めにされるのが嫌なのか。

おそらく3番目が理由ということで、2回目のAOLチャットではおもちゃなどが入った箱を開けてココを楽しませながら質問していくという流れで行われました。全体で1,200の質問 (実際にココに質問したのはその一部) が送られ、55のテレビ番組でとりあげられるなど大盛況だったそうです。

全て翻訳すると長くなるので、ココの発言や問答を一部抜粋しました。

箱の中から食べ物を見つけて「ゴリラは 食べる いいね! (Gorilla eat good!)」

鏡を見ながら自分の頭をブラシですいて「トイレ (Toilet)」。トイレはココの侮辱語なので、よっぽど髪型が気に入らなかったのでしょうか!

「どの食べ物が好きなの?」と再度聞かれて「手紙とりんご! (Mail and apples!)」。ココは封筒ののりをなめるのが好きなんだそうです!

突然「お腹すいた、そこ食べる! (Hungry there eat!)」と言い出して「何が食べたいの?」と聞かれると「オレンジ。りんご (Orange. Apples.)」。でも今はないと言われてもらえませんでした…。

「赤ちゃんは好き?」と聞かれて「ココ 好き、好き、いいね、急いで! (Koko love, love, good, hurry!)」

「あなたの赤ちゃんに手話で話すよね?」と聞かれて「手で話す (Speak with hands.)」「赤ちゃんが好き (Love baby.)」

この他にもいろいろ話していましたが、最初のAOLチャットのように意味不明な会話もありました。おもちゃの箱を開けさせながら…と工夫はあったので、多少上手に会話できてたかなという気もします。
この記事へのコメント
まだコメントはありません。
コメントを書く
お名前:

コメント:

ご案内
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。