世界初の手話で会話するチンパンジー、ワショー - その2

ワショーはココと比べていわゆる名言があまりないのですが、それでもワショーの言葉として有名なのが池で白鳥を見かけて言った「水鳥 (water bird)」です。それまでに知っている単語を組み合わせて新しい単語を発明するという、人の言語において重要な特徴をチンパンジーも行っているとして注目されました。

また、以前ご紹介したワショーの動画に出てきた「私の 飲み物の 中の 赤ちゃん (Baby in my drink)」。これもチンパンジーが何かを見て言葉で描写することができるとして人々を驚かせました。

…でもどっちのケースも、テラス博士に言わせると誘導尋問だってことになるんですけど!

ちなみに、ワショーはなぜか靴が大好きだったようで、話し相手の靴をチェックすることが趣味だったそうです。そのときのやりとりとおぼしき会話もあります。

話し相手: それは何?
ワショー: 靴 (Shoe)
話し相手: その靴は誰の?
ワショー: あなたの (Yours)
話し相手: 何色?
ワショー: 黒 (Black)

そして、ワショーもココやニムと同様、くすぐりっこも大好きだったようで、
  • 「おいで、くすぐって (come tickle)」
  • 誰がくすぐるの?「あなた (you)」私は誰をくすぐるの?「私 (Me)」
などの会話も残しています。

ココは使わないけどワショーが使う手話として面白いものでは、「お願いします (Please)」があります。文字どおり何かをお願いするときに組み合わせて使っているようです。
  • 「お願い、行こう (Please go)」
  • 「外に出して、お願い (Out, please)」
  • 「お願い、飲み物 (Please drink)」

ココはペットの子猫を亡くして悲しみましたが、ワショーは2匹の子供を産んだものの2匹とも幼いうちに心臓病と感染症で亡くしました。そして、同じように子供を亡くした人間と悲しみの気持ちを手話で共有しました。

カット (訳注: 女性名 Katherineの短縮形) は、チンパンジーのワショーが17歳のときに毎日働きに来ていたボランティアだった。カットが妊娠したとき、ワショーは大喜びだった。ワショー自身は2回の妊娠を経験し (両方とも早死した)、それでワショーは常にカットのお腹とその中の赤ちゃんに注意を払っていた。手話を使い、彼女は赤ちゃんのことを聞いていた。

そして何の前触れもなく、カットはワショーに会いに来なくなった。カットが戻ったとき、ワショーは心からのあいさつをしたが、しかしいつもと違って彼女に距離を置いていた。ワショーはカットの不在で心を傷つけられていたかのようだった。カットはワショーに、なぜ会いに来なくなったのか伝えた。彼女は流産していた。

カットは手話した。「私の 赤ちゃん 死んだ」。ワショーは下を向き、そしてカットに向けて手話をした。「泣く (Cry)」。そして後に、カットが行かなければならなくなったときに手話をした。「お願い 人よ 抱きしめて (Please person hug)」
Los Angeles Times より

チンパンジーは涙を流すことはないのですが、目から涙のあとを指でなぞるように「泣く」と手話をしたそうです。彼らにも悲しみの感情があること、それをいつまでも覚えていること、そしてそれを他人と共感できるということでしょうね。パターソン博士も子供を亡くしたヒヒを例に同様のことを言っています

ワショーは後年、他の手話をするチンパンジーたちと一緒に暮らしましたが、その母性愛で彼らの女家長となっていたそうです。
参照:
Washoe - Friends of Washoe
Teaching Sign Language to a Chimpanzee. - Science, New Series, Vol.165, No.3894, (Aug. 15, 1969)
Washoe (chimpanzee) - Wikipedia
NEXT OF KIN: What Chimpanzees Have Taught Me About Who We Are. ... - Los Angeles Times



この記事へのコメント
  1. お名前: nanaさん 投稿日:2014年01月14日 04:22
  2. はじめまして。

    ツイッターで紹介されてこちらのブログを知りました。好奇心で読みはじめたら止まらなくなり、明日(今日)は朝が早いのに、時間を忘れていままでの記事も一気に読みふけってしまいました。

    わたしはけして「ゴリラ好き」という訳ではなかったのですが、ココちゃんの発言の魅力と、なによりこちらのブログの読みやすさ、面白さがあいまって、すっかり夢中になってしまいました。まだ読めていない記事もあるので、それは明日にとっておこうと思います。

    特に「ゴリラのココは本当に手話で会話ができるのか」シリーズは、大変興味深く、尚且つわかりやすく、「なるほど」と呟きまくりながら、本当に本当に面白く読ませて頂きました。

    そして読めば読むほど、ブログ主さまは一体何者なんだ…!?という思いが湧き上がります。

    ブログ主さまがゴリラマスター(?)になったきっかけであるツイートはわたしも目にしたことがあったのですが、その時は詳しく調べようとは思わなかったので、こうしたきっかけで面白い世界を知ることが出来て本当にラッキーです。それにすごく面白いブログと出会えたことも!

    動物(猿人類)との会話やコミニュケーションについては、テレビやネットなんかで特集されたものを目にしたことがあり、なんとなくは知っていましたが、このブログを読まなければ、話す猿人類の研究、そしてその歴史についてもこんなに関心を持つことはなかったと思います。

    またココちゃん語録やエピソードの一方で、学者達の「ココは本当に話せるのか」論争の話も書いてくださったるおかげで、自分の中で納得する事が出来ました。

    (しかし、わたしが「実に面白い…」みたいな顔でフムフムと思えたのはこちらのブログが本当にわかり易く説明して下さっているからです。もし機会がありましたら、テラスの研究結果についての事や、この論争での他のお話も、ぜひまた紹介してください……!!)

    これからも、更新楽しみにしています!寒い日が続きますがお身体には気をつけて。長々と失礼しました。ヤバイこんな時間に!!!

    追記
    ンドゥメの「グルル」に完璧にやられました。こんなところにネタが仕込まれているとは、不覚…!お腹いたい!!
  3. お名前: ゴリラ語録さん 投稿日:2014年01月14日 18:37
  4. はじめまして!コメントありがとうございます!

    ツイッターで紹介されていたのですか!?
    早速アクセス解析見てみたら1週間くらい前にすごいことなってました。
    面白い、読みやすいと思っていただけたのならうれしいです!
    頑張って書いた甲斐があったと感激です…!
    でも、あまりお体にご負担にならない程度に読んでいただければと思います!

    どうもみなさん「ココは本当は話せない」系の記事を読んでいらっしゃるようで、それが紹介されたのでしょうか?
    感激しすぎて俺も苦労のない穴に行ってみるわって人が出ると困るので、そんな意見もあるよくらいの記事だったのですけど!
    でもこのままだと、ココちゃんのファンブログがアンチブログになってしまう…。
    ちゃんと話せるという意見もあるし、それはそれで説得力もある内容なのですよ?
    ちょうどワショーの話が終わったので書きたいと思います!

    ちなみに、私は昔からカンジやアイちゃんなど話すチンパンジーが好きで、どんなことを言ってるかも読んで知っていたのですが、ツイートでココの驚異的発言を知り、チンパンジーとはレベルが違うと興味を持ちました。
    歴史の授業と同じで結果だけ聞くとふーんって感じですが、結果の過程や理由などを知ると面白いですよね!

    テラスの研究にもご興味を持たれたようで、もっと書きたいと思います。
    いろいろな観点から説明している人がいて、鏡の国のアリスの「ジャバウォックの詩」を例に説明している言語学者が分かりやすかったので、いつかご紹介したいと思います。

    また、テラスは最近でもニューヨーク・ブック・オブ・レビュー誌で新しい挑戦者とやりあっています。
    挑戦者「チンパンは話すよ」
    テラス「だーかーらー、何回も言ってるけどチンパンは他の動物と一緒で単語は覚えるけど、文法理解できないから俺らの言ってることわかんねーんだよ。あいつらの言ってることにも意味はないから。文法理解できるって証拠あったら見せてみろ」
    挑戦者「ほら、この人の研究。あとチンパンはこんな話もするよ?」
    テラス「お前それ誰かの又聞きだろ。そんな研究じゃねえよ。あと、チンパン語録に何の意味もねーから」
    みたいなやり取りをやってました。耳の痛い話です…!

    あと、せっかくどなたかツイッターでご紹介いただいたので、昔作って放置気味のアカウントを再開します。
    リンクの貼り方が分からないのですが、@belleponneです。

    というわけで、とりとめのないお返事ですが、これからもよろしくお願いします!
コメントを書く
お名前:

コメント:

ご案内
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。