手話ゴリラ・ココは本当に会話ができる - その4 ゴリラはジョークを解す

というわけで、前回までは1番のクレバー・ハンス現象ではないというお話でした。次は2番の「サルのでたらめな手話を嘘やジョークと解釈している」のではないかという疑惑。

パターソンさんだと当事者尋問になってしまうので、これも第三者のスーザン・チェバリエル=スコルニコフさんに聞いてみましょう。

フランシーヌ (ペニー) パターソンに手話を教わっているゴリラの「ココ」は、印象的な非言語的ジョークの例を実際に私に見せた。

以前にちょっとだけ名前が出たピアジェの心理学の横断研究のために、ココの調査をしたんだとか。ゴリラはどれだけ真似ができるかということで、パターソンが目、鼻、耳と指すのをココにも真似させたんだそうです。撮影状況下で、ココは完璧に指示どおりの部位を指しました。

数週間後、また同じ実験を行うと、パターソンが目を指すのを見たココは耳を指しました。次に鼻を指すとあご…のように、パターソンの指示とはまったく別の部位を指すことを5分間くりかえしました。

最終的に、パターソンは腹を立てて叱り、ココに「悪い ゴリラ (bad gorilla)」だと手話をした。するとすぐに、ココは「おかしい ゴリラ (funny gorilla)」と手話をし、笑った。

私たちが人間に対してジョークと呼ぶのと同じ基準を使うと、ココの行動はジョークと解釈できる。そのうえ、ココの非言語的なジョークのやりとりは、彼女の「おかしい ゴリラ」と手話することによって確認できる

そもそも完璧にすべての指示をはずすというのは、逆にちゃんと分かってる証拠ですし、自分で「おかしい」と言っているわけです。パターソンが非難したとおり文脈を考慮すれば人間がやってもジョークと呼べる行動なのです。

そしてさらに、そもそも野生や動物園の手話をしない類人猿たちも嘘やジョークを理解すると言います。

段階6にあって、手話行動をしない類人猿は、知的に物体と物体、物体と空間、そして物体と力の相互作用を概念化する感覚運動能力を示す。その例として、彼らは一回の試行で適切に道具を発明と使用を行う。彼らはまた、欺瞞や嘘、ジョークを示す

またわけ分かんない系ですが、2歳くらいものごとが考えられる類人猿たちは、道具を考えて使うように目的を達成するためにはどうしたらいいのか考えて、だましたりや嘘をついたりするというのです。

フォッシーは、とても欲しいと望んでいる食べ物を独占しようと、野生の下位のゴリラが行う似たような、だますための策略を観察している。

フォッシーとは、数日前にGoogle検索トップにも表示されていた、動物学者のダイアン・フォッシー (Dian Fossey)のことですね!

たしかに、ゴリラのココやマイケルも植木を食べちゃったり 作業着を破いちゃったり、悪いことをして叱られると自分ではなく他の人 (またはゴリラ) がやったと嘘をついています。稚拙ではありますが、叱られないという目的を達成するための策略です。

ちなみに、野生の類人猿のジョークの例は書いていなかったのですが、ディスカバリーチャンネルのニュース記事から。

「言語に基づいたジョークの使用は、明らかに人間に特有のものだ」

進化心理学の教授、ダンバー (Dunbar) はディスカバリーニュースに語った。

「類人猿が、『事実上のジョークで遊ぶ』または、バナナの皮のような状況など、他人の不運を笑うという示唆はいくつかある。しかし、これらは表面上の観察だ」

実験まではしていないものの、観察では、類人猿はバナナの皮を踏んですべってころぶような他人の不運を見て笑うというのですね。ユーモアを理解するのですよ!

というわけで、手話を知らない野生のゴリラやチンパンジーも、もちろん言葉を使ってではありませんが、嘘をつき、ジョークで笑うのです。手話という手段を獲得した彼らが、それを使って嘘やジョークを言うのは十分考えられることなのです。

これが、「類人猿たちのでたらめな手話を嘘やジョークと解釈しているのではない」というチェバリエル=スコルニコフの主張でした。


この記事へのコメント
まだコメントはありません。
コメントを書く
お名前:

コメント:

ご案内
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。