ハーバート・テラスという人 (2/5) - ガントレットを投げた男

あまりうまくあらすじをご紹介できなかったので、映画が描くこの実験の悲惨さを伝えられませんでしたが、「プロジェクト・ニム」が描くハーバート・テラスは、さながらマッド・サイエンティストのようでした。多くの映画レビューは彼を身の毛のよだつ実験を行った血も涙もない人間として糾弾しています。みなさんも、ぜひ他のサイトのレビューを読んでみてください!

そして、デイリー・メール紙が「小さなひげと大きなエゴの男」「冷酷なドリトル先生(※1)と呼ぶこの男。なぜそんな実験をしてどんな男だったのか、類人猿の言語教育の歴史からひもといてみましょう!

「神話の終焉」シリーズの初回でもお話しましたが、この時代、人間はどうやって言葉を覚えるのかについて学界を二分する大論争がありました。

一方の大将は、行動心理学者のバラス・スキナー (B.F. Skinner)。当時のアメリカの心理学界では非常に影響力があり、現在でも人や動物の育成にその理論が使われているくらい偉大な人です。この人は、人間はご褒美で学習して言葉を覚える(※2)のだと考えました。

それに噛みついたもう一方の大将が、言語学者のノーム・チョムスキー (Noam Chomsky) です。子供を観察していると、学習だけでは説明のできない速さで覚え、学習したことのない文を話すので、これは脳に言葉を話すための仕組みがあるのだと反論しました。

心理学者のテラスは、前者のスキナーの教え子で生粋のスキナー派 (Skinnerian) でした。スキナーは、ニューヨーク・マガジン誌の取材に答えてテラスをこう評してます。

『テラスは、これまで私の持った生徒のなかで、おそらく最も優秀だった。』

スキナーの学術論文を「信仰」し、「ハトに赤と緑、そして縦と横の線の区別を教えるのに一時間もかからない」とまで言われた男でした。

ところで、この当時すでに手話で話すとされたゴリラのココやチンパンジーのワショーがいました。人間以外に話す動物がいるとすれば、人間の脳に話す仕組みがあるというチョムスキーの主張は間違っていることになります。

テラスはスキナー派としての自らの信念のために、チンパンジーに言葉を学習させる実験から厳密なデータを集め、チョムスキーの間違いを証明しようとしました。実験対象のチンパンジーを「ニーム・チンプスキー(※3)と論敵ノーム・チョムスキーの名前をもじって名づけたのには、この挑戦の意味合いとテラスの自信のほどがあったのです。うまく行ったら痛快ですものね!

しかしその結果は、みなさんご存知のとおりです。詳しい経緯は「神話の終焉」の前半にまとまっています。

ただし、これはニムを霊長類研究所に送り返してからのことなのです。実験中は、テラスも助手もニムは話していると考えていました。そして、テレビや雑誌にも取り上げられていたように、世間の人々もそうだと考えていました。当然、プロジェクト・ニムの暗部も知られてはいませんでした。この時点では、ココやワショーと一緒に話すチンパンジーの仲間入りをさせて、スキナーは正しかったと結論づけることもできたのです。しかし、テラスは言います。

『それは常にそこにあった。しかし、私には見えていなかった。私たちはあまりにチンパンジーに注目することに忙殺されたあまりに、教師への注意を払っていなかった。

ひとたびそれが明らかになると、それは明らかだった。私は、世界に知らせなければならないと分かっていた。』

テラスは、自分が得た結論から目をそらすことはしませんでした。自らの信念であり恩師であるスキナーの説を否定し、論敵チョムスキーを揶揄する名前をつけたことを逆に笑われ、これまでのスキナー派としてのキャリアを投げ捨てることになろうとも、科学者としての真実をサイエンス誌に投稿しました。

案の定、これがスキナー派の「ワーテルロー」となりました。争いの歴史に決着をつけたナポレオン最後の戦いになぞらえた「大敗」を意味する英語の言い回しだそうです。

30年後、72歳となったテラスは、こう述懐しています。

『私はドリトル先生になるのだという空想をしていた。みんなチンパンジーに言葉を持って欲しかった。私がもともとそうであったように。

これ以上すばらしいことがあるだろうか?われわれが他の種族とコミュニケーションをとる、初の瞬間となるはずだったのだ。』

んー…こうしてみると、少なくとも「小さなひげ」の男ではありますが、「大きなエゴ」の男ではありませんね!冷酷かどうかは…まだ分かりませんけど。

※ 「ガントレットを投げる」というのは騎士が決闘を挑むときの宣言で、後の手袋を投げる行為の起源となったそうです。
※1 ドリトル先生は、動物たちと会話のできるお医者さんの心温まる交流の物語に出てくる主人公の名前です。
※2 お腹の空いた幼児が「まんま」と言えたらご飯がもらえるけど、「ばーぶー」としか言えなかったらもらえない。犬を見て「わんわん」と言えば「そうだね」と肯定してもらえるけど、「ばーぶー」としか言えなければ放置される…みたいな話です。
※3 Neam Chimpsky。ニム (Nim) は短縮形だそうです。



この記事へのコメント
まだコメントはありません。
コメントを書く
お名前:

コメント:

ご案内
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。