ハーバート・テラスという人 (5/5) - チンパンジーの心を知る男

というわけで、テラスはプロジェクト・ニムで得た否定的な結果から新たな研究を開始しました。

『チンパンジーはとても賢く、考えていることは明らかだった。しかしデカルト (※1) に反して、チンパンジーは言葉なしで考えていたのだ。

私は、言葉なしでの思考を研究することにした。特に、猿たちはどうやって言葉の不在のなかで手順を生み出すのか。』

そして、猿の心の中に深く入り込んで行きました。記憶と想起、論理と推論、主題の概念の理解、思考についての思考などの実験になりました。以前もお話した、わけの分からない「次のステージ」の研究です。

たとえば、猿に賭け事をさせているそうです。猿は負けず嫌いなんだそうです。負けてお菓子をもらいそこねた猿は、カジノで大金をすった人のように放心状態になるんだそうです。他にも人間のように顔をしかめたり、ひっくり返ったり、手で顔をおおったり…って、前にも言いましたが、実験なんだか遊んでるんだか分からないんですけど!

しかし、これで彼らが何を考えているのかが分かるのだそうです。

『これは猿が決められたタスクが理解できるというだけではなく、もっと重要なことは、過去の自分の実績を振り返って、それが正しかったのかどうか決定できるということだ。』

そして、これが何の役に立つのか…と言えば、私たちの心がどのように進化してきたのかを知ることができるそうです。

『認知 (心の働き) を研究したければ、ここから始めることだ。猿たちは、認知がどのように進化したかを理解するために、過去へわれわれ自身の祖先にさかのぼることを可能にする手段だ。認知は化石にならない。骨は役に立たないのだ。』

心の進化を知ることにより、たとえば赤ちゃんが何を考えているかが分かるようになるそうです。そして、赤ちゃんの心がどのように成長するのか、成長に問題があればどう対処すればいいのかが分かるようになるそうです。

以前も少しお話しましたが、自閉症の子供たちの理解と教育にも役立っています。テラスの研究の一部は、彼らに機器を通じて算数を教える方法として使われているそうです。他人と交わるのが難しい彼らにとって、人から直接より学ぶよりは機器を通して学ぶことの方がやさしいのだそうです。

そんなわけで、感情的には受け入れがたい事実につきあたってしまいます。映画の中では本当にニムと心を通わせたのはボブ・インガーソルの方だと描かれていますが、一方でチンパンジーたちが何を考えているのかを一番よく知っているのは、実は現在のテラスだったりするわけです。

これは、現在も続く類人猿の言語論争にとって象徴的です。多くの話せると主張する人たちの類人猿への理解は今でも30年前のままで、話せないと主張する人たちの方がはるかに多くの研究と発見から、類人猿たちの心のうちへの理解を深めています。

ボブはテラスがニムの言語能力を否定したことについてこう言っています。(※2)

『うん、彼が言っていることは、ニムが言葉を持っていないということだ。哲学的には、これはまた別の「人間は何々だから特別だ」という議論のひとつだ。一部の人間たちは、「人間は何々だから動物とは別だ」というヒエラルキーを捨て去ることができない。』

たしかにテラスはチンパンジーは話せないと結論づけましたが、人間と動物を区別するためでしょうか。彼は、はっきりと人間の心の進化を知るために猿の心を調べると言っています。そして、実際に猿の心の研究の成果を人間に適用して役立てています。これはむしろ人間と猿を近い種類の動物だと考えているからではないでしょうか。

そしてテラスの成果に反し、話せると主張する人たちは30年間何の成果も上げていません。ニムが本当に話せたのだとすれば、それを一番必要としているのは次ような人たちです。

『シンデレラ…かわいそう…うん…彼女を継子 (※3)…床をこすって、うん、片付ける…かわいそう、うん…継子…し、姉妹とお母さん…舞踏会。舞踏会、王子 うん、靴…。』

誰もが知っているシンデレラの物語を説明する失語症の患者です。それまで普通に話せていても、卒中などで脳の文法をつかさどる部分、ブローカ野に損傷を受けるとこのようにしか話せなくなります。

人のように文法を生み出すブローカ野を持たないチンパンジーが話せるのだとしたら、本当に必要なのはその研究の成果で彼らを再び話せるようにすることでしょう。しかし30年たっても、そうはなっていません。ときどきテレビに現れて「へー」と思わせるだけです。

というわけで、プロジェクト・ニムに関する映画やテレビ番組、そういったものは十分気をつけて見ましょう。メディアの偏見 (※4) に乗っかって事実にそぐわない主張で正しい研究をつぶしてしまうと、めぐりめぐって私たちの首をしめることになります!それに、彼らのようにチンパンジーのニムとは心を通わせて理解ができると主張しつつ、人間であるテラスの言っていることは理解しようとしないのは、本当に皮肉で滑稽なことですよ!

※1 17世紀のフランスの哲学者デカルトは、動物は思考や感情を表現する言葉を持たないので、心がないと考えていました。
※2 槍玉に挙げていますが、さまざまなインタビューへの彼の回答を見ていると、本当にいい人だと思います。心やさしく頭もよくフレンドリーでハンサムな完璧超人で、テラスとどちらと友達になるか聞かれたら、間違いなくボブを選びます。
※3 ままこ。養子のことです。
※4 当然このブログにも注意ですよ!



この記事へのコメント
  1. お名前: 705さん 投稿日:2014年02月14日 23:49
  2. こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
    オランウータンに惚れて、当然ながら類人猿についてお勉強し、ゴリラについて調べてココちゃんを知って、ここにたどり着きました。
    どの記事も興味深くて何日もかけて楽しく読んでおります。
    頭がニワトリ並みな私にとっては「何言ってるかわかんね〜よ!」と泣きたくなるような時も、絶妙なタイミングでわかりやすく解説してくださったり、思いっきり頷きたくなる突っ込みを入れてくださったりで思わず笑いながら読まさせていただきました。
    記事を一冊の本にまとめていただきたいくらいです。
    テラスの記事も面白かった!毎日更新を心待ちにしてました!
    これからも楽しみに拝見させていただきます。
  3. お名前: ゴリラ語録 a.k.a belleponneさん 投稿日:2014年02月15日 13:55
  4. はじめまして!コメントありがとうございます!

    面白いと言っていただけて感激です!でも、ほとんどが学者さんたちの話を紹介しているだけなので、何もしてないと言えばしてないので恐縮な気もします…。いつも書いてて分かるかなと気になってるので、分かりやすいと言っていただけるのもうれしいです。テラスの記事も映画を見てないと分からないかなと気になっていたのですが、よかったです!

    ちなみに、ときどき誤字や意味不明な文章をこっそり直してるので、本は無理だと思います。毎回見直してるつもりなんですけど、おかしなところがなくならないのはなぜなんでしょうか…!

    オランウータンも何匹か手話で話したり、チンパンジーのカンジのようにキーボードで話をするのがいるみたいです。以前ちょっと名前が出たチャンテックもそうで、ゴリラのココほどではありませんが、いろいろ話をしているのでご紹介したいと思います!

    最近は更新もサボり気味でしたが、また頑張りますので、これからもよろしくお願いします!
コメントを書く
お名前:

コメント:

ご案内
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。