手話で会話するオランウータン・チャンテック (3/3)

ゴリラのココちゃんについてのブログなので、どうしてもココちゃんと比べてしまうのですが、チャンテックとは共通点も多いので興味深いです。

生後10ヶ月の頃に最初に覚えた手話も、ココちゃんのように「食べる (food-eat)」「飲む (drink)」だったそうです。そして成長するにつれ、やはり人形遊びやごっこ遊びもするようになっていったそうです。

たとえば、お人形に向かって手話をしてご飯や飲み物を与えたりして遊んでいたそうです。また、見えない誰かに追いかけられているように、後ろを振り向きながら逃げ回る遊びもしていたそうです。おもちゃの動物に襲われる遊びでは、襲われた研究員たちを守ろうと立ち向かうやさしい心の持ち主でもありました。

また、他の話す類人猿たちと同様、ひとりごとも言っていたそうです。詳しい内容は残念ながら分からなかったのですが…たとえば何かいけないことをやってしまうと自分に向かって「悪い (bad)」と手話をしていました。

他の話す類人猿たちでは見ないエピソードと言えば、彼はワッシャーをお金として与えられていて、それを使ってお買い物をするのが好きだったそうです。マイルズ博士と一緒にファーストフード店でチーズバーガーやアイスクリリーム屋で買い食いをしていたのだとか。

また、非常に好奇心が強かったそうで、何か知らないものを見せられると手を差し出し、名前を聞いていたそうです。手話でどのような形なのか聞いていたのですね!好奇心が悪い方向に向かうと、人が入っているトイレのドアの下から中をのぞくなんていうことをして怒られていたりもしたそうです。

彼の賢さも悪い方向に向かったりしていたようで、電気掃除機で自分の体を吸わせて掃除したり、電気柵に囲まれた住処を脱走する方法をいくつもあみだしていたのだとか。

『これらの他の種族とのすてきな出来事を通じて、私はチャンテックをひとりの人として経験していたのだということに疑いはない』

マイルズ博士がチャンテックとの体験を語っての言葉です。そして、前々回の冒頭の哲学者ラ・メトリーのように問いかけています。

『われわれの人間性の土台が言語的な、そして精神的な能力にあるのだとすれば、今やわれわれは問うべきであろう。「オランウータン、または他の動物は人であるのか?」と。』

たしかに人間の子供のようにふるまうチャンテックや他の話す類人猿を見ていると、人と動物の境目はどこなのかという気はしてきます。彼らも遺伝子による分類では人間と同じヒト科ですし!今のところは話しているように見えても本当は言葉は話せないとされていますが…これも考えようですよ。

17世紀の哲学者デカルトは動物は話せないし心もないと考えていましたが、18世紀の哲学者ラ・メトリーは教育すれば人と変わらないと考えました。20世紀に入って心理学者たちが話せたと主張したと思ったら、数年で否定されてしまい、とは言うものの動物たちにも心はあると考えられるようになりました。なんと今では虫のミツバチにすら、過去の経験から未来の行動を決める心の働きがあるのではないかと考える人までいます。

…これはあれですね、ワンチャンありますよ。科学の歴史なんて新しい発見による書きかえの歴史でもあるということですよ!話す類人猿ファンのわれわれとしては、いつかまた「類人猿も言葉を話せる」と書きかえられるのを信じて待ちましょう!


この記事へのコメント
  1. お名前: 705さん 投稿日:2014年02月20日 23:08
  2. 今回もとても面白かったです。
    テラスの時の記事にあった「類人猿はしゃべれる派は何の成果もあげていない」が頭の中を渦巻いていて「それもその通り」と思っていましたが、ココちゃんやチャンテックの記事を読んでいると「そんなことはどうでもよろしい!」と思ってしまいました。だってチャンテックが掃除機で身体を吸うとか人間の男の子がやりそうで、そんなアホな子供の行動に何か意味や成果を求める気なんか起こらない・・・と言うのが感想です。女性的な考えでしょうかね?
    オランウータンさんを扱ってくださってありがとうございました。
    あ、あと記事のタイトル3/3では?
  3. お名前: ゴリラ語録 a.k.a belleponneさん 投稿日:2014年02月21日 16:43
  4. ご感想ありがとうございます!間違いの指摘もお恥ずかしい限りです…。読み直したら他にも誤字があったので、後でこっそり直そうと思います。

    成果の話は、ある意味不当に非難されているテラスを擁護する記事だったので、ことさらに取り上げた面もあります。研究以外の面で言えば、パターソンはキングコングに代表される凶暴なゴリラのイメージをやさしい動物だと正しましたし、マイルズもオランウータンが世間の人が思うよりずっと賢いと知らしめました。

    あと女性的と言えば思ったのですが、有名な話す類人猿を育てた人の多くは女性か夫婦です。パターソンもマイルズもサベージ=ランボーも女性ですし、ガードナーもファウツもプレマックも夫妻です。ニムにきちんと手話を教えたのもペティットという女性ですし、日本のアイちゃんに最初に言葉を教えたのも室伏さんという女性でした。

    なぜかは知らないのですが、勝手な想像をすると、感受性の高さや共感能力の高さ、そしておっしゃるように意味や成果を求めず、子供のようにありのままを受け入れるからかもしれません。言葉が正しいかだけにこだわらず、表情とか振る舞いからも気持ちをくみとって理解しようとするので、類人猿も覚えるのが早いのかもです。なので、女性的な考えは大事なのですよきっと。
コメントを書く
お名前:

コメント:

ご案内
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。