チンパンジーから言葉を学んだチンパンジー・ルーリス (3/3)

ルーリスとワショーのエピソードだけを見ていると心温まるお話ですが、そのほかにも目を向けてみると、当時の世相として仕方ないと言えば仕方ないのですが、彼らの実験動物としてのつらい人生も見えてきます。

ルーリスは実のお母さんから引き離されましたが、そのお母さんは「侵襲的生体医学研究」に使われたそうです。「侵襲的」とは「外科手術、感染、中毒など」なんだそうで、健康や命に関わる実験に使われたのでしょう。

1980年9月には、ルーリスたちは資金難によりセントラルワシントン大学に移ることになりましたが、どこかに連れて行かれるとつらい目に会うことを知っている彼らは抵抗したそうです。ソーダやキャンディー、ヨーグルトなどで釣ろうとしても、賢い彼らは疑い深くなるばかりだったそうです。

結局、ルーリスの仲間のモジャには「あなたと私 おうちへ帰る (YOU ME GO HOME)」と嘘をついて連れ出すことになりました。モジャは生まれ育った家に帰れると信じ、目を輝かせて喜んでいたそうです。

ワショーはどうやっても懐柔できず、檻の扉をつかんで抵抗していたそうです。大声を出して脅してもだめだったので、最終的に麻酔銃を持ち出すまでになりました。それを見たワショーは悲鳴をあげ、ルーリスを自分の後ろにかばいながら檻の中に入ったそうです。

とは言うものの、移動の途中、コンビニでアイスを買ってあげるとワショーは「いそいで、いそいで、行こう、行こう (HURRY, HURRY, GO, GO)」と手話をして機嫌をなおしたので、2時間おきにアイスを買ってあげるはめになったのだそうです。現金なところもありますね!

こんなこともあったので、1993年5月にまた新居 (※1) に引っ越さないといけなくなったときには、ボランティアたちはルーリスを始めとするチンパンジーたちをその気にさせるようと一生懸命だったそうです。たとえば、彼らの世話をしていたファウツ夫妻が新居を探索するビデオを見せて、

『見て!ロジャーが新しいおうちにいるよ!ロジャーがベッドを見せるよ。彼は大きなドアの遊び部屋に入った。見て!そこのドア、外に出られるよ!草を見て。走れるよ、登れるよ、遊べるよ。みんな新しいおうちが好きになるよ!私たちはみんな、一緒にいくんだよ!』

と手話でプレゼンしたのだそうです。

この新しい素敵なおうちが最後になればよかったのですが、ワショーと2匹のチンパンジーがここで亡くなり、ルーリスとタトゥだけが残され、さらにどちらかが死ねば残された方は孤独となってしまう事態となりました。そこで2013年8月、カナダの保護施設 (※2) に送られました。保護施設ではボランティアと手話で話 (※3) をしたり、新しい仲間になったチンパンジーと追いかけっこなどして楽しく暮らしているようです。

こんな大変な人生を送ったルーリスですが、ひねくれてしまうことなくいい子に育ったようです。ちょっと移り気だそうですが、遊び好きで愛情深く、すぐにみんなを元気にしてくれる性格で、人間に対してもチンパンジーに対しても社交的なんだそうです。過去に行われていた一般の人々との触れ合いの時間では人を観察するのが好きで、とくに子供が好きだったとか。

このままなにごともなく、保護施設で余生を過ごせればいいですね!

※1 Chimpanzee and Human Communication Institute (CHCI)
※2 Fauna Foundation。動物実験や虐待されたチンパンジー専門の保護施設だそうです。
※3 CBCで手話をする現在のルーリスの姿が見られます。



この記事へのコメント
  1. お名前: 705さん 投稿日:2014年02月24日 22:43
  2. (ノ_-。) ちょっとメソメソしそうになりました。
    ワショーが「私の赤ちゃん!」って誤解したところはもう涙腺が・・・。人間と彼らのどこが違うのでしょう?
    「チンパンジーから言葉を学んだチンパンジー」ってとても新鮮な切り口でした!こんな研究もしていたのですね。しかし類人猿を知れば知るほど「人間って恐ろしい動物!」って思います。
    色々なエピソードを読んで「これでワショーもルーリスも話していないなんて誰が言えるんだ?」と思います。「心が通じる=話が通じる」とは思わないですが。
    余談ですが先日某動物園のベテラン飼育員さんにご意見を伺ったら「類人猿は話せる」派でした。やっぱりうれしい・・・。
  3. お名前: ゴリラ語録 a.k.a belleponneさん 投稿日:2014年02月25日 19:42
  4. ご感想ありがとうございます!

    私もワショーとルーリスの数々のエピソードには感動しました。その中でも今回取り上げた「私の赤ちゃん」と「ルーリスにもあげて」のエピソードは、とくに心に残ったものでした。

    本当に色々考えてくださっているようで、ありがたくて、私も知っている範囲で答えられたらと思うのですが…なにぶんただの素人なので…!

    言語教育の実験に使われた類人猿たちのその後の人生についてご興味があれば、「ココ、お話しよう」の共著者でもあるユージン・リンデンの本「悲劇のチンパンジー」が詳しいと思います。

    「人間と彼らのどこが違うのでしょう?」については、人間をふくむ動物の行動学者ロバート・サポルスキー博士の「Are Humans Just Another Primate? (人はただの霊長類にすぎないのか?)」という講演が、おそらく疑問に思われていることへの回答のひとつになると思います。

    心、共感、文化、教育などなど、ずっと人間だけの特徴だと思っていたものは、実は霊長類全体の特徴だったようです。そして残念ながら、仲間同士の殺し合いや他の動物への虐待も、実は霊長類全体の特徴だったようです…。本当に「人はただの猿」で、「猿は実は人」なのかもしれないと思わせるすばらしい講演でした。

    とはいえ違いもやはりあって、たとえば705さんが「これでワショーもルーリスも話していないなんて誰が言えるんだ?」とおっしゃっているということも、人間だけの特徴のようです。「心の理論」といって、「自分以外の誰かも自分とは違う何かを考えているはずだ」と思うのは人間だけのようです (チンパンジーにもある程度の心の理論があるようですが)。その意味で、動物とも「心が通じる」と考えるのは、人が人たる証なのかもしれません。人間ってただ恐ろしいだけじゃないですよ…!

    この講演についても機会があれば書ければと思うのですが、他に書きたいこともたくさんあって、いつになるか分からないと思います…すいません。

    ベテラン飼育員さんとお話できるのはうらやましいです…!私は本でしか知りませんが、飼育員さんたちはワショーやルーリス、またココやチャンテックのような賢かったりやさしかったり子供っぽかったり…さまざまなエピソードを生で体験されているのだと思います。

    あとはなぜだか知らないのですが、日本の霊長類の研究は全体的にレベルが高いようで、海外で「猿にも弔いの気持ちがある!大発見だ!」と大騒ぎしてたことが、ニホンザルの飼育員たちには昔から知られていたことだったり、先日ニュースにもなりましたが、「猿にバナナをあげるのは栄養的によくないと分かった」と海外で話題になったことは、実は日本の動物園では「何を今さら」な話だったようです。

    類人猿の言葉についても、世間では知られていない何かを知っているかもしれませんので…何か分かったらぜひ私にも教えてください!
コメントを書く
お名前:

コメント:

ご案内
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。