死の概念を教えられたゴリラ

ちょっと古い動画なのですが、ゴリラに死の概念を教えたというニュースです。

キグリーと呼ばれるこのゴリラはココとは違い、死生観を持たないただのゴリラでしたが、研究者たちはさまざまな方法でゴリラは死ぬのだということを教え、その結果キグリーも死の概念を持ち死について語るようになりました。


Newsroom : Scientists Successfully Teach Gorilla It Will Die Someday - The Onion News Network

[アナウンサー (ダン・ファレル)]
トゥーレーン大学の霊長類研究所は、ゴリラがいつか死ぬことを教えたと報告しました。ネイト・メレディスが「ラボ・レポート」でお送りします。

[レポーター (ネイト・メレディス)]
ありがとう、ダン。

[テロップ]
精神と死の運命
研究者はゴリラにいつか死ぬことを教えるのに成功した

[レポーター]
歴史上はじめて霊長類学者のチームが西ローランドゴリラのキグリーに、死の運命の概念とそれが彼にとって避けられない運命であることを教えるのに成功しました。

ラナ・ボローズとフィリップ・タウンセンドが、このプロジェクトを指揮する研究者です。

[テロップ]
ラナ・ボローズとフィリップ・タウンセンド
トゥーレーン大学霊長類研究所

[男性研究者 (フィリップ・タウンセンド)]
最初にキグリーと始めたときには、彼はただの幸せな類人猿だった。世界のことなんて気にしていなかった。

[女性研究者 (ラナ・ボローズ)]
最初に私たちがやったのは、彼にパターンを教えることだったの。赤いブロック、青いブロック、緑のブロックのように。くりかえしくりかえし。

その後、ゴリラが生まれ、ゴリラが育ち、ゴリラが死ぬ、というパターンになったわ。くりかえしくりかえし。

[テロップ]
キグリーは彼の存在は無意味だという理解への明らかな兆候を示す

[レポーター]
研究者たちはその後、「お前もいつか」「選択の余地は無い」と伝えながら、キグリーに死後や死に瀕するゴリラの写真を見せました。

[男性研究者]
数千回のくりかえしが必要だった。しかし、最終的にキグリーは腐敗した毛と肉の山の写真と、自分自身の相関関係を実感するようになった。

[レポーター]
キグリーはそれぞれの訓練を完了した後の告白の中で、彼の気持ちを語るようになりました。

[ゴリラ (キグリー)]
筋肉。私の。
朽ち果てる。


[女性研究者]
これはすばらしい瞬間だったわ。

[男性研究者]
そうだね。

[テロップ]
キグリーのペットの猫は、死の永続性を教えるために安楽死させられた。

[レポーター]
キグリーはまた、彼自身の死去への自覚を維持するために、ほぼ毎日このような絵を描きました。研究チームは、死の到来を確信させるために毎日数時間を費やしました。

[女性研究者]
キグリー、あなたは死ぬ!
あなたはもうすぐ死ぬ!


[ゴリラ]
悲しい。泣く。怖い。

[レポーター]
研究者たちは、最初のうちキグリーは彼の死について初歩的な恐怖を伝えるだけだったと言っていますが、彼はすぐに無関心や自己嫌悪のような複雑な感情を表現するようになりました。

[ゴリラ]
おろかな キグリー。
今 真実を 目の当たりにする。
生存とは 残酷な 冗談だ。


[レポーター]
そしてちょうど二日前、フィリップ・タウンセンドと同僚たちは、キグリーのパニック発作ではないかと考えられることを目撃しました。

[ゴリラ]
ゴリラ 動物 いやだああああああああああ!
ゴリラ いやだ あっち行け


[テロップ]
キグリーの2,000語のボキャブラリーは、彼の空しさを表現するには不十分であると証明した。

[男性研究者]
キグリーはこれらの苦悶の叫び声を出し、壁に頭を叩きつけた。私は思った。「ついにやったぞ!」

[レポーター]
トゥーレーンの科学者たちは、わずか10年以内にゴリラにアルコール中毒への逃避や、自殺まで教えることができるだろうと考えています。

科学者たちは次に、キグリーのこの結果を他の種で再現できないかテストすることを計画しています。

[テロップ]
研究者たちは、ウサギたちに彼らの完全な無意味さを教えることを試みている。

[レポーター]
研究者たちはウサギに、死ぬことを教える最初の段階にいます。

[男性研究者]
おまえたち 二匹とも 死ぬんだ。

[レポーター]
なんともぞくぞくする時間でした。「ラボ・レポート」のネイト・メレディスでした。

[アナウンサー]
ありがとう、ネイト。

イギリスの科学者たちは、似たような研究を進めています。背中に移植した人間の耳をもつネズミに教えています。なんという酔狂でしょう。

最後の背中に人間の耳をもつネズミは最近STAP細胞で話題の小保方さんのハーバード大学留学時代の教授、チャールズ・バカンティによって作られたネズミ (バカンティ・マウス) のことですね。

ゴリラに死の運命を教える研究といい、STAP細胞といい、バカンティ・マウスといい、世の中は人を食った研究やニュースにあふれていると思いました。
この記事へのコメント
  1. お名前: ななしのゴリラさん 投稿日:2014年04月03日 08:03
  2. はじめてコメントします。
    なぜ、こんなネガティブなことばかりゴリラに教え込むのでしょうかね。そしてどうしてこの人達はゴリラより自分達が優れていると思うのか。
    ゴリラがかわいそうですね。
    ゴリラにも家族がいます。野生のゴリラはむしろ人間より結束固いですよね。

    すみません、ちょっと書いてしまいました。

  3. お名前: ゴリラ語録@belleponneさん 投稿日:2014年04月04日 13:07
  4. コメントありがとうございます!

    ご安心ください!これはYouTubeのジョーク動画です。よく見るとこの動画に出てくるゴリラはほとんどココちゃんで、登場する役者たちとの合成や嘘字幕でそれっぽく見せているだけです。エイプリルフールということでご紹介しました。

    このシリーズの嘘ニュースはたくさんあって、例えばアルカイダが可愛い豚の画像でサイバーテロを行った…みたいなのもあります。小保方さんがAKB入りするというジョークコラムでも謝罪に追い込まれてしまうような日本だと考えにくいほど不謹慎なジョークニュースをやっています。

    ゴリラの家族の件はおっしゃるとおりで、密猟者がペット用にゴリラの赤ちゃんを誘拐しようとすると、家族全員が赤ちゃんを守ろうとするので皆殺しにされてしまうそうです。絶滅の危機の一因にもなっているそうで、本当に痛ましい話です。

    ココちゃんと手話を学んだゴリラのマイケルが母親を殺されたときの様子を語っているのですが、密猟者の仕業だろうと研究者は考えているようです。まだでしたらそちらもご覧になってみてください。

    というわけで、ご心配かけて申し訳ありませんでした…!
  5. お名前: ななしのゴリラさん 投稿日:2014年04月04日 15:19
  6. エイプリルフールでしたか(≧∇≦)まんまと騙されました!

    ゴリラが言語をきちんと認識しているのか?と議論がなされている中、この話は『言語を認識している』前提で死の概念までをも理解した話になってますもんね。

    マイケルの話は痛ましいです。
    人間ほど野蛮で残酷な動物はいません、、

    ココちゃんやマイケルが幸せに暮らすことを願います。
  7. お名前: 705さん 投稿日:2014年04月04日 23:16
  8. あれ?こんなゴリラっていたっけかなぁ・・・。
    ってかココちゃんそっくりだし〜。なんか変だなぁ。
    わけも分からずポカーンと拝見しておりましたがウソ動画!
    手が込んでいますね〜。私はまた海外では視聴率稼ぎのいい加減な番組が作られているんだと思ってしまいました。
    騙されました!お見事!
  9. お名前: ゴリラ語録@belleponneさん 投稿日:2014年04月07日 20:25
  10. ※3さん
    マイケルくんは残念ながら2000年に心臓病で亡くなりました…。ンドゥメくんとの間に子供ができるといいのですが、その気配もないのでココちゃんが最後の手話ゴリラになりそうです…。

    ちなみに死んでいることまでは色んな動物も認識できるみたいですが、死に対する考えとなると論争になるみたいですね。果たしてココちゃんはいかに…?

    705さん
    お久しぶりです!それにしてもさすがですね…!愛猫家も愛犬家も犬や猫の顔の見分けがつくと言いますが、話す類人猿のファンともなると見分けがついてきてもおかしくはないです!

    ちなみに私も初めて見たときには同じようなことを思いました。私は背景がココちゃんのお家とそっくりなので変だと思っていました(笑)

    他にも話すゴリラの面白いジョーク動画があるので、来年まで持ちこたえられたらご紹介したいと思います!
  11. お名前: ななしのゴリラさん 投稿日:2014年04月18日 14:09
  12. このブログすごいな〜
    こんなにゴリラに熱意を傾けてるブログは初めて見ました
  13. お名前: ななしのゴリラさん 投稿日:2015年03月09日 23:46
  14. 嘘ニュース。。。
    真面目に読んできて、唖然というか軽い怒りさえ覚えました。

    このコメントでタネ明かしをしているからセーフとでも思ってるのでしょうかね?
    でも読み飛ばしてきて、こんなコメント欄はスルーする人だって沢山いると思います。

    類人猿に対する知識を深められる、良質のブログだと思っていたのに非常に残念です。
    フールはあなただと言いたいです。
  15. お名前: さん 投稿日:2015年03月11日 00:01
  16. 嘘だとわかってたなら読まなかったのに(笑)
    嘘だとしても動物好きにはかなりきつい内容です。
    エイプリルフール終わったら記事消すか冒頭に書いておいて欲しかったです。
  17. お名前: ななしのゴリラさん 投稿日:2015年10月13日 21:46
  18. 管理人ゴレイヌだろ
  19. お名前: ななしのゴリラさん 投稿日:2015年10月21日 17:37
  20. 私も軽く怒りを覚えました。
    とても不愉快です。

    世界のどこの誰がどんな不謹慎なジョークを投稿していようと
    この記事をここに乗せたのはご自分でしかないですよ。
    しかもネタバレなし。

    日本だと〜とご自分でおっしゃっているように
    日本人はここまでの不謹慎ネタは好まない人が多いんじゃないでしょうか。
    大体海外の不謹慎ネタって明らかな嘘とか
    なんだかんだ最終的に「やられた!」ってなるか
    分からないやつがどこかで恥をかいて笑われるような
    (本人的に良い悪いはともかくとして)
    多少なりともどこかに笑いの要素があるはずです。

    手話ゴリラに興味を持ってわざわざ他のサイトから飛んできて
    半ば真剣に考えながら時間を取って読んで、
    ただただがっかり、不愉快です。

    コメント欄読んでない方はタチ悪く騙されて終わるんですね。
    せめて今からでも記事内にタチの悪いおふざけだと分かるように記載してほしいです。
  21. お名前: ななしのゴリラさん 投稿日:2016年04月13日 13:53
  22. テレビでココのこと見て、検索してたらこちらにたどり着きました。
    この記事ジョークでしたか!よかったあ〜!!
    ペットの猫が安楽死させられたとか、残酷すぎて泣きそうでした。
    コメントまで読んでよかったです。ただただ安心しました。
  23. お名前: ななしのゴリラさん 投稿日:2016年08月30日 22:27
  24. >>10
    普通に見てれば、うさぎのくだりで、冗談だと気づくでしょ(笑)
  25. お名前: コミュ障は謙遜じゃなくて事実だろうなさん 投稿日:2016年09月03日 12:42
  26. 他の記事を先に読んで、興味深い、ブックマークに入れよう、と思いながらこれ読んで前言撤回。素で「は?なんだこりゃ」と興醒め。
    たぶん、これ以外はいろいろと充実してるんだろうけど、読む気が失せた。

    自分ではおもしろいと思った発言や行動で、場を白けさせたり冷え込ませたりしてる様子が目に浮かぶ。
    冗談通じない奴って強弁してみても、悪い意味でズレてる感覚は受け入れてもらえないよ。
  27. お名前: ななしのゴリラさん 投稿日:2016年10月22日 09:10
  28. 人に近づけば近づく程共感能力が高まるとあるように、その最たる例が居もしない被害者に共感し怒りを覚える事かもしれませんね。

    何にしても、これが最後の記事というのが悲しい。
  29. お名前: ななしのゴリラさん 投稿日:2016年10月23日 02:33
  30. >何にしても、これが最後の記事というのが悲しい。

    最近この天才ゴリラが現地のテレビでまた取り上げられる様になったし
    新しい記事が欲しいね
    あれから色んな疑惑も浮上したみたいだし
  31. お名前: ななしのゴリラさん 投稿日:2017年03月12日 14:21
  32. 騙されてウキキウキキ怒る猿以下の日本人が多いな
コメントを書く
お名前:

コメント:

ご案内
最近の記事
最近のコメント
ンドゥメ - 現在のココの旦那 by TimothyHavob (09/19)
ゴリラのココと子猫のボール by ななしのゴリラ (09/18)
ボールの死を悲しみ続けるココ by ななしのゴリラ (08/21)
ンドゥメ - 現在のココの旦那 by ИИМS‰ (07/23)
ンドゥメ - 現在のココの旦那 by ИИМS‰ (07/22)
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。