ゴリラが怒り狂うとき

1981年3月2日、バーバラ・ウェラーとマイケルの会話です。

バーバラ: あなたは、怒り狂うことはあるの?
マイケル: する うん (Do good.) ※1
バーバラ: どんなときに怒り狂うの?
マイケル: 泥棒が たずねてくる とき (When thief visit.)
バーバラ: 泥棒がたずねてくるとき?
マイケル: シリアル 食べる (Cereal eat.)

この日の朝、マイケルはシリアルに近づいた大工のアルに吠えたのだそうです。朝ごはんを食べられると思ったんでしょうね。食べ物の恨みは怖いです…!

ゴリラも過去の感情の状態と、その原因を覚えていられることを示す会話なのだそうです。

※1 ココは「Good」を同意の意味で使うこともあるそうなので、こうしました。

参照:
Gorilla Journal Vol.27, No.1, 2007

マイケルは「ごめんなさい」が言えるゴリラ

1999年9月18日、マイケルはマリリン・マテヴィア (Marilyn Matevia) と綱引きをして遊んでいたそうです。マイケルが勝ったそうですが、類人猿たちはみんな綱引きが好きみたいですね!

マリリン: あなたは強い…
マイケル: ゴリラ (Gorilla.)

マイケルはマリリンの言葉に追加して文を完成させたんだそうです。

マリリン: そう!あなたは頭もいいのね!
マイケル: ゴリラ (Gorilla.)

得意げにゴリラを連呼するマイケルに対し…

マリリン: 私はなに?
マイケル: トラブル (Trouble.)
マリリン: トラブル!
マイケル: ごめんなさい (Sorry.)
マリリン: 謝ることないわ。あなた面白いわ!
マイケル: いいよ (Good.)

謝ることができるのはいい子だけど、そもそもトラブルってどういう意味なんでしょう。ひょっとすると、マリリンは小言が多い人だったのかもです。

マリリン: あなたトマトとポテトを食べなかったわね、マイケル。なぜなの?
マイケル: 悪い (Bad.)
マリリン: 悪い?
マイケル: ごめんなさい (Sorry.)
マリリン: いいのよ、マイケル。でも何がいやなの?
マイケル: いいよ 髪をかきむしる (Good pull-out-hair.)

最後は何が言いたいのか分かりませんでした…。髪をかきむしる仕草はココやマイケルが使う「挫折」とか「失敗」の手話だそうですが、どういう意味で使ったんでしょう。トマトとポテトが髪をかきむしるほど嫌いなのでしょうか…?

ちなみに、マイケルが好きな食べ物はナッツ類、リンゴ、ピーナッツ・バターのサンドイッチだそうです。
参照:
Gorilla Journal Vol27, No.1, 2007
Michael's Bio - koko.org

小さなお子様と大きなゴリラの誤飲には気をつけましょう

ゴリラも少なくとも2歳くらいの知能はあるというお話が出ましたが、人間の子供だと何でも口に入れてお母さんを困らせてしまう年頃です。まだ手が上手に使えないので、何でも口に入れて感触を確かめているそうですが、ゴリラはどうなのでしょうか?

1985年7月6日、カレン・ガリネッティ (Karen Gallinetti) がマイケルにねんどのかけらを渡したところ…

マイケル: ねんど (Clay)
カレン: あなたのはどこなの?
マイケル: もっと ねんど (More clay)
カレン: そうね、私があげたねんどはどこなの?
マイケル: ごめんなさい おなか (Sorry stomach)
カレン: なんでそんなところに?
マイケル: 失礼だ ごめんなさい (Insult sorry)
カレン: なんで?
マイケル: ゴリラ ねんどの サンドイッチ、ねんど もう一度 おねがい (Gorilla clay sandwich, clay again please)

…まんまお子様ですね!ねんどのサンドイッチを作って遊んでいたら本当に食べちゃったとか、みなさんもやってますよね?

さらに、人間の子供はいたずらをして、しかっても口ごたえをしてお母さんを困らせる年頃になってきます。ゴリラも手話で口ごたえを…。

1985年7月19日、またもやカレンさんとです。マイケルは、自分の部屋の壁のボルトを引き抜くことに成功したそうです。

カレン: あなたボルトに何をしたの?
マイケル: 古い 私の 歯 ゴリラ (Old my teeth gorilla)
カレン: なんですって?
マイケル: ごめんなさい 食べた (Sorry eat)
カレン: なんでそんなにいやな子なの?
マイケル: いやなの いやなの おまえが 食べろ (Obnoxious obnoxious you eat)

…まんまお子様ですよ!人間の子供は成長するとこういうことはしなくなりますが、ずっとお子様くらいの知能のゴリラは…ずっとこのままなのでしょうか!?
参照:
Gorilla Journal, Vol23, No.1
ご案内
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。