にせもののワニなんて怖くない?

2013年12月11日 , コメント 0件 , ココとワニ
1983年10月のある日の午後、ジョアン・ターナーは何かを足の後ろに隠しながら座っていました。それを見たココは、

ココ: キャンディー そこ (Candy there.)

残念ながらお菓子ではなく、ジョアンはまず両手に何も持っていないこと見せたあと、隠していた口を大きく開けた恐竜のおもちゃをココにつきつけました。ココは驚いて飛び下がりました。

ジョアン: 怖かったでしょう!これは何?
ココ: にせものの歯 にせもの (Faketooth fake.)
ジョアン: そうよ、これはにせもののワニよ。

ココは恐竜もトカゲもワニも、同じワニという手話で呼んで怖がっていましたが、怖いのは口の歯の部分だったそうです。壊れてあごの無くなったおもちゃは怖がらなかったとか。大きな口に歯が並んだ恐竜は怖いけれど、にせものだと自分に言い聞かせているのでしょうか。そしてジョアンが恐竜のおもちゃで遊んでいると、ココは何度も飛び上がっていました。

ジョアン: これ好き?欲しい?
ココ: うん (Good.)

しかし、ココはおもちゃの恐竜に触ろうとしませんでした。欲しいけれどやっぱり怖いのでしょう。ジョアンはおもちゃの恐竜が自分の指を噛んだ真似をしました。

ジョアン: きゃー!
ココ: トイレ くさい (Toilet stink.)

トイレはココの侮辱語です。ジョアンの指を噛んだ「ワニ」に対してですね。

ジョアン: 指を出して、ココ。

ココは代わりに人形を出し、おもちゃの恐竜に噛ませました。

ジョアン: あなた面白いわね、ココ。怪獣にお人形じゃなくて、あなたを噛ませましょう。

そう言って、おもちゃの恐竜がココを噛もうとする真似を続けました。

ジョアン: さあ、これ (おもちゃの恐竜) にやさしくしましょう。
ココ: ふーっ!

ココは息を吹きかけました。ココは、ときどき話し相手に不安にされると、攻撃的に息を吹きかけることがあったそうです。ジョアンは恐竜にキスをして、

ジョアン: これは可愛い動物よ。
ココ: にせものの歯 (Faketooth.)
ジョアン: キスしたい?やさしくする?

ココはこわごわとおもちゃの恐竜にキスをし、すぐに後ずさりしました。

ジョアン: 中に入る時間よ。急がないと怪獣があなたのお昼ごはんを食べちゃうわよ!
ココ: 食べる (Eat.)

そして、ジョアンはおもちゃの恐竜の口にはさんだレタスをココに食べさせたそうです。ココも観念したのか「食べる (Eat.)」と言っていますが、どんな気持ちで食べていたのかは残念ながら書かれていませんでした。

その後、お昼寝とお勉強をしたあと、ココはジョアンにおもちゃの恐竜を出してくれとお願いしたそうです。ココはそれを外に持ち出し、放り投げてキャッチしたり、尻尾を持って振り回したり、持ったまま胸を叩いたりして遊んだあと、今度は部屋の中に持ち込んで人形を噛ませて遊んでいたそうです。

怖いのか好きなのかよく分かりませんが、「ワニ」はお気に入りのおもちゃだそうで、よく遊んでいる写真を見ます。
Gorilla Journal Vol.24, No.2 と F・パターソン E・リンデン著 都守淳夫訳「ココ、お話しよう」より
カテゴリ: ココとワニ

ココが嫌いなワニを物語に登場させると…

2013年11月23日 , コメント 0件 , ココとワニ
ココは絵本を読んでもらうのが好きで、とりわけ「3匹の子猫」が好きだそうですが、お話をして貰いながら一緒に物語を考えることもできるようです。1988年10月、ミッツィとココは一緒に物語を作りました。

ミッツィ: お話をして欲しい?
ココ: うん (GOOD)
ミッツィ: 何のお話がいい?
ココ: ワニ (ALLIGATOR)

ココがワニを怖がっている話は以前にしましたが、わざわざ物語に登場させています。

ミッツィ: いいわ、手伝ってね。あるところでワニがとてもお腹を空かせていました。「アイスクリームが欲しい」と彼は言いました。「僕が探してきてあげるよ」と道の途中で…何に会ったの?
ココ: 鳥 (BIRD)
ミッツィ: 「僕と一緒に来て何か食べるものを探す?」「うん」鳥が言いました。そして鳥はワニに乗って一緒に…どこに乗ったの、ココ?
ココ: 鼻 (NOSE)
ミッツィ: そして彼らは行きました!しばらくして彼らは…何に会ったの?
ココ: 猫 (CAT)
ミッツィ: 猫は言いました。「僕は…」猫は何だったの?猫はどう思ってたの、ココ?
ココ: お腹空いた (HUNGRY)
ミッツィ: 彼らがお店に着くと、男の人が鳥に鳥のエサを、猫にミルクをあげました。
ココ: ミルク ココ-好き (MILK KOKO-LOVE)
ミッツィ: 猫もよ!そして、ワニも食べれるだけのアイスクリームを貰いました。
ココ: ダメ (NO)
ミッツィ: いいの!そして、ワニはとても幸せでした。
ココ: 違う、悲しい (NO, SAD)

わざわざ登場させておきながら、嫌いなワニが幸せになるのは許せないみたいです。

ミッツィ: ワニに悲しんで欲しいの?
ココ: うん、悲しい (GOOD, SAD)
ミッツィ: いいわ、あなたのお話よ。それで、アイスクリーム売りの男の人は言いました。「ワニには食べ物はやらないよ!あっちへ行け」ワニは、お腹が空いて、悲しんでいました。
ココ: 悲しい 顔をしかめる 泣く 悪い ワニ (SAD FROWN CRY BAD ALLIGATOR)

この物語では何も悪いことはしていませんが、ココにとってワニは悪者なようです。

ミッツィ: だけど、彼はいい子で友達を町まで乗せて行ったので、猫はミルクをあげました。そして、鳥は鳥のエサをあげました。すると、ワニはどう思ったの?
ココ: 幸せ (HAPPY)
ミッツィ: そうよ。
ココ: 赤 食べる 悪い (RED EAT BAD)

どうあっても幸せは許せないようで、ワニが何かを食べるのは悪いと言っているのでしょうか?それとも血みどろか、または怒りをかきたてる悪い食べ方をするワニにして欲しいと訴えているのでしょうか?

ミッツィ: いいわ、もっとお話よ!それで、ワニはお店に戻って言いました。「次はデザートを食べるぞ」そして、アイスクリーム売りの男の人を食べてしまいました!
ココ: いいね お客さん 悪い (GOOD VISITOR BAD)

ワニが悪いお客さんだった事を、ココは喜んでいるようです。

ミッツィ: このお話は好きだった?
ミッツィは「お話」と言ったが「本」と手話をした。
ココ: ココ-好き いい 本 (KOKO-LOVE GOOD BOOK)
そして、ココはレタスの切れ端 (scrap of browse)を拾い、ミッツィに渡した。
ミッツィ: 私のお話がそんなに良かったから?
ココ: 食べる ココ-好き。猫 悲しい 鳥 悲しい 食べる 悲しい ワニ 悪い 悲しい ココ-好き 訪問する (EAT KOKO-LOVE. CAT SAD BIRD SAD EAT SAD ALLIGATOR BAD SAD KOKO-LOVE VISIT)
ミッツィ: あなたがワニだったら、何を食べるの?
ココ: ココは ゴリラ (KOKO GORILLA)
冷蔵庫を指差して、
ココ: お客さん する そこ 食べる 時間 (VISITOR DO THERE TIME EAT)

よく分からなかったのですが、「猫 悲しい 鳥 悲しい」から始まる言葉は、「猫も鳥もワニが悪いことをして悲しい」(そのワニと対比して)「ココは訪問することが好き」つまりワニのように悪くないと言ってるのだと解釈しました。「あなたがワニだったら」と聞かれ、「ココは ゴリラ」だと答えてお客さんと冷蔵庫で食べる時間を持つと言ってるので、そのような意味だと思いました。

とにかく、どうあっても嫌いなワニを悪者で不幸に仕立て上げたいというココの気持ち、そして悪いワニと違ってココはいい子だと主張する姿が微笑ましいです。
カテゴリ: ココとワニ

ココはワニが怖い…でも好き?

2013年11月21日 , コメント 0件 , ココとワニ
ココは動物園で生まれ、スタンフォード大学構内のトレーラーで育ったので、本物のワニを見たことは無いはずです。それなのに、ワニが怖いようです。ワニだけでなく、イグアナなどの爬虫類も怖がるようです。

一般的にゴリラには人間以外の天敵はいません。子供がヒョウなどのネコ科の捕食者に襲われるくらいです。しかし、ローランド地方の沼地のそばに暮らすゴリラは、ワニと衝突することもあります。ワニにゴリラを食い殺す力は無いようですが、ゴリラが重傷を負って死に至ることはあるようです。さらに、ワニとは無縁の場所に暮らすマウンテン・ゴリラも爬虫類が苦手なんだそうです。動くものには何にでも興味を示すゴリラの子供も、カメレオンには近づきません。本能的なものかもしれませんね。

とにかくココのワニや爬虫類への恐怖は半端ないようで、部屋を脱走して言う事を聞かないココに、ペットのイグアナを見せたら一目散に部屋に逃げ帰ったこともあるそうです。それを利用して、ココが触って欲しくないもの、近づくと危ないものにはゴム製のワニを貼り付けていたそうです。

それでも、成長するとおもちゃはあまり怖がらなくなり、それどころかお気に入りのおもちゃになりました。公式によると、好きなおもちゃはゴム製のワニなんだとか。
カテゴリ: ココとワニ
ご案内
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。