ゴリラのココにキンクスの曲「エイプマン (猿人間)」を聴かせてみた

2013年12月22日 , コメント 0件 , ゴリラと音楽
セレナ: あなた、この曲聴かないと。かっこいいわよ。猿 (ape) についての曲で、あなたと私がどれだけ同じか、どれだけ私たちが猿かって曲よ。

2003年6月13日のこと、セレナ・ローズは「エイプマン」という曲のCDを持ってきたそうです。日本語だと「猿人間」でしょうか。ゴリラに聴かせようと思ったセレナのセンスに脱帽です!手話を通じて人間のように会話ができる、ココのためにあるような曲です!

セレナ: (歌いながら) 私は猿人間、私は猿、猿人間。おお、私は猿人間。

「猿」のところは「ゴリラ」と手話をしながら歌ったそうです。それを聴いたココは…

ココ: にせものだ。女だ (Fake. Lip.)

人間 (man) という言葉は男という意味でもあるので、「猿男」にもなってしまいます。そこで、ココはきちんと訂正してあげましたが、セレナはなおも、

セレナ: (歌いながら) なぜなら、空にある太陽と比べて、そばに浮かぶ雲と比べて、虫やクモやハエと比べて、私は猿人間。
ココ: にせものだ。女だ お前 (Fake. Lip you.)

ココは、つっこみの手を緩めません!

セレナ: ごめんなさい!猿女! (Ape woman)
ココ: (笑う)

セレナはコーラスの「猿人間 (apeman)」を「猿女 (ape woman)」に変え、「女」を強調しながら歌い続けたそうです。

ココ: グルル (Purr.)
セレナ: (歌いながら) 私は遠くの岸辺へ航海をして、猿女みたいなかっこうをしたい。
セレナ: あなたと私がハワイに行くように。
ココ: フーッ (うなり声 Grunt.)
セレナ: (歌いながら) おいで、そして私を愛して。私の猿人間の少女になって、そして幸せになろう。猿人間の世界で。
ココ: グルル。女の 人々 (Purr. Lip nipple.)
セレナ: 少女は、ゴリラの少女と同じ。あなたと私は家族。そして、ンドゥメ、ゴリラ男。
ココ: グルル (Purr.)

ココはセレナが歌いながら手話するのを聴いていましたが、歌詞が終わると…

ココ: 寝る (Sleep.)
セレナ: いいわ、分かったわ。私の歌で拷問するのはやめるわ!

ココさん、先ほどのつっこみと言い容赦がありません。セレナは音楽を止め、ココは人形遊びを始めたそうです。

カテゴリ: ゴリラと音楽
ご案内
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。